人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

疲労をためない睡眠について

日本人の平均睡眠時間は約7時間とされています.1日24時間ですから1日の約3分の1は寝ていることになります.つまり,人生の約3分の1は寝ていることになり,逆を言えば,睡眠を取らなければ人間は活動ができない,生きていけないということになります.睡眠には,脳や身体を休ませストレスを解消する,脳に入ってきた様々な情報を整理する,免疫力を向上させ病気を予防するなどの効果があり人間が活動するために必要不可欠なものなのです.

睡眠は,脳を休ませる深い睡眠のノンレム睡眠と身体を休ませる浅い睡眠のレム睡眠からなります.ノンレム睡眠とレム睡眠の合計の1回の周期が約90分で,6〜8時間の睡眠の場合,この周期を45回繰り返します.睡眠のメカニズムから考えると,脳と身体のそれぞれの疲労に対し別々に回復させており,脳と身体の疲労のバランスが良いとノンレム睡眠とレム睡眠のバランスも良くなり質の良い睡眠につながります.日頃から長時間にわたる脳の酷使を避けて適度な運動を心がけること,つまり,規則正しい生活を心がけることが質の良い睡眠を確保するポイントです.また,寝苦しい夏の夜は,冷房や除湿・扇風機を上手に活用し,心地良い睡眠となるよう心がけましょう.


by hrnnobu357 | 2019-08-01 19:40