人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

いわゆる五月病・六月病について

いわゆる五月病とは,大学に入りたての学生に5月頃に多く見られ, 新しい生活に夢中でいる時期がひと段落する5月の連休明け頃に「無気力な状態」に陥る状態の総称です.最近では,新社会人でも新人研修などが終了し, 実際の仕事が始まる6月頃に同様の状態に陥ることがあるため六月病と呼ばれています.五月病・六月病は正式な病名ではなく,医学的には「適応障害」と考えられています.環境の大きな変化で, 知らずしらずのうちに蓄積された心身の疲れ, 人間関係などのストレスなどが原因とされ,「無気力」や「抑うつ」などの心の症状だけでなく, 睡眠障害や食欲不振, 頭痛, めまい, 動悸など身体の不調を訴えるケースも多く認めます.性格的に几帳面で真面目, 責任感が強いタイプの人が陥りやすい傾向にあります.人目を気にするあまり環境に過剰に適応しようとして自分をどんどん抑え込んでしまう, その結果として大きなストレスを感じてしまい,そのストレスが表面化して心身の不調として現れてきます.

予防のポイントはストレスを溜めないことです.

□考え方を変える(頑張りすぎない, 期待しすぎない, 目先にこだわらないなど)

□不安を受け入れる(まず自分のできることやるべきことに取り組む習慣)

□悩みを一人で抱え込まない(悩みを共有する)

□コミュニケーションを大切にする(上司, 同僚, 家族, 友人など)

□規則正しい生活を心がける(バランスの良い食事, 十分な睡眠, 適度な運動)

□自分の時間をとる(趣味を楽しむ)

□休日, 特に連休中の過ごし方に気をつける など

職場や上司の対応としては,新しい環境で働く人を孤立させず,気軽に相談できる職場環境づくりが大切です.上司はラインケアとして,部下の変化に気づく,気づいたら声をかける,十分に話を聞いて適切なアドバイスを行います.自分で解決できないようであれば産業保健スタッフに繋げましょう.


by hrnnobu357 | 2019-05-01 06:47