人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

働き方改革関連法のホイントについて

働き方改革関連法が2018629日に可決成立し201941日に施行されます.働く人々が, それぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため, 長時間労働の是正, 多様で柔軟な働き方の実現, 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講じます.一部罰則付きの法案となっていますので十分に理解・注意した上で取り組む必要があります働き方改革は労働者にも企業にもメリットがあるとされます.

働き方改革関連法大きなポイントは下記の2つになります.


ポイント1:労働時間法制の見直し

働き過ぎを防ぐことで, 働く方々の健康を守り, 多様な「ワークライフ・バランス」を実現.

1. 時間外労働の上限規制(罰則付) *中小企業は202041日施行

2. 60時間を超える時間外労働者の割増賃金率の中小企業への適応(罰則付)

3. 企業への年5日間の年次有給休暇の取得の義務付け(罰則付)

4. フレックスタイム制の精算期間の上限延長(罰則付)

5. 高度プロフェッショナル制度の創設

6. 労働時間の客観的把握の義務化

7. 産業医・産業保健機能の強化(一部の医師の面説指導に罰則付)

8. 勤務間インターバル制度の導入促進

ポイント2:雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

同一企業内における正規雇用と非正規雇用の間にある不合理な待遇の差をなくし, どのような雇用形態を選択しても「納得」できるようにする.

1. 不合理な待遇差をなくすための規定の整備

2. 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化

3. 行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続(行政ADR1)の規定の整備

(1事業主と労働者との間の紛争を裁判せずに解決する手続)


by hrnnobu357 | 2019-03-01 14:06