<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

夏バテの予防について 〜秋に体調を崩さないように〜

「夏バテ」とは,夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状のことで,秋口に体調を崩した際, 夏に体力が弱った影響で体調を崩したという意味です.多くの人が「夏バテ」を夏の時期の体調の悪さを表すものと認識している人がいますが, 猛暑による脱水・体力低下・食欲不振などは,いわゆる「夏やせ」と呼ばれる症状です.

人体には体温を一定に保とうとする働きがあり,高温・多湿な状態では汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃がそうとします.これらは自律神経の働きであり, 自律神経のバランスの乱れると「夏バテ」が起こります.空調設備が普及した現代では,気温と湿度の急激な変化にさらされる機会が多くなり,自律神経のバランスを崩して「夏バテ」を起こしやすくなっています.主な症状は, 倦怠感, 食欲不振,下痢や便秘, 頭痛, 肩こり, 微熱,めまいなどです.

「夏バテ」の予防としては自律神経を乱さないように, 室内と室外の温度差を5度以内にするように心がけたり,寒い室内では体が冷え過ぎないよう上着を羽織るなど急激な温度の変化に気をつけるようにしましょう.また,ストレスや生活習慣の乱れ, 環境の変化, 疲労の蓄積も自律神経を乱す原因となるため,規則正しい生活を心がけ,適度な運動, ストレッチ, 腹式呼吸, リラクゼーションなどでストレス発散を心がけることが大切です.


[PR]

by hrnnobu357 | 2018-08-01 18:35