人気ブログランキング | 話題のタグを見る

令和3年度全国労働衛生週間について

101日から7日まで令和3年度全国労働衛生週間です.労働衛生週間は,労働者の健康を確保し快適職場づくりに取り組むことを目的とした週間で,今年のスローガンは「向き合おう! こころとからだの 健康管理」で展開されます.

□過労死当事案の労災認定件数が令和2年度は802件である

□仕事や職業生活に関する強い不安, 悩み, ストレスを感じる労働者が半数を超える

□新型コロナウィルス感染症の罹患による休業4日以上の労働災害が令和2年には6,000人以上発生している

□労働者の高齢化の問題

□労働人口の約3人に1人が何らかの疾患を抱えながら働いている

□化学物質に起因する労働災害は,特定科学物質障害予防規則などの特別規則の対象となっていない有害物によるものが8割を占めている

□職業がんの労災補償の新規支給決定者は石綿による中皮腫・肺がんを中心に1,000人を超える


こうした現状を背景に,今年度の重点事項は下記となっています.特に企業における過重労働対策とメンタルヘルス対策の取組の実施を強力に推進する必要があります.働き方改革を進めながら健康的な職場環境の形成を進めましょう.


<重点事項>

1. 過重労働による健康障害防止のための総合対策の推進

2. 労働者の心の健康保持のための指針などに基づくメンタルヘルス対策の推進

3. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組の推進に関する事項

4.高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」に基づく労働災害の予防的観点からの高年齢労働者に対する健康づくりの推進に関する事項

5. 化学物質による健康障害防止対策に関する事項

6. 石綿による健康障害防止対策に関する事項

7.「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」に基づく受動喫煙防止対策に関する事項

8. 「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」に基づく治療と仕事の両立支援対策の推進に関する事項

9.その他の重点事項

腰痛予防対策,熱中症予防対策,「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」に基づく労働者の作業環境、健康確保等の推進など


by hrnnobu357 | 2021-10-01 07:20  

<< 冬季の職場における感染症予防対... 企業におけるメンタルヘルス対策... >>