人気ブログランキング |

ピロリ菌とABC検診について

ヘリコバクター・ピロリ菌とは,胃の粘膜に生息しているらせん形をした菌で5歳以下の幼児期に口から入り感染すると考えられています.日本では総人口のほぼ半数6,000万人がピロリ菌に感染しているとされ,40歳以上では約80%が感染していると推定されています.感染が続くと慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍, 胃がん, その他の全身的病気を引き起こすことがあります.胃がんを発症する人の99%がピロリ菌感染者とされますが,ピロリ菌に感染しているからといって必ず胃がんになるとは限りません.ピロリ菌の診断は,内視鏡検査を用いた方法と内視鏡を用いない採血などの方法で行われます.ピロリ菌検査が陽性だった場合はプロトンポンプ・インヒビターと2種類の抗生剤内服を用いた除菌療法を行います.条件を満たせば保険適応での治療が可能です.内服治療後4週間以上経過してから判定を行い,約80%の確率で除菌が成功し,1次除菌で失敗した際は2次除菌を行い95%の確率で成功します.

ABC検診とは,血液によるピロリ菌抗体の有無とペプシノゲン値から,胃がんになりやすいか否かを危険度別にA, B, C, D群に分類するものです.胃粘膜の状態をA(正常), B(軽度萎縮), C(中等度萎縮), D(高度萎縮)群に分類,萎縮の程度が高度になるほど胃がんの発生率が高くなります.最近はバリウムを用いた胃X線検査による胃がん検診に変わり採血で簡単にわかるABC検診を行う健診が増えています.しかし,注意点は,A群の中にもピロリ菌がいる人や非常にまれですがピロリ菌に関係しない胃がんなどもあるため,A群であっても一度は内視鏡検査を受けることが望ましいとされます.また,B群以上も医師と相談し定期的な内視鏡検査受診を受けることが必要です.D群はがんの危険度が最も高い群ですが,実はピロリ菌がいる人や,A群が含まれていることがありますので,医師とよく相談して検査や治療方針を決める必要があります.

若年層のピロリ菌感染者は激減していますが,親になる年齢以前にピロリ菌の有無を調べ,陽性の場合には除菌するという若年層への対策と,ABC検診などを利用してピロリ菌を調べ,陽性者には除菌療法を行うとともに,定期的な内視鏡による経過観察を行うことが大切です.


by hrnnobu357 | 2020-02-02 15:55  

健康経営について >>