人気ブログランキング |

運動不足が健康に及ぼすリスクについて

日本おけるリスク要因別の関連死亡者数によると,運動不足による死亡者数は年間約52,200名であり,喫煙,高血圧症に次いで3位となっています.

運動不足は,内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさり、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患の原因となるメタボリック症候群や運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態であるロコモティブ症候群をまねきやすくなります.

運動のメリットは,内臓脂肪を減少させ,生活習慣病の予防となることはもちろん,ストレスの解消や睡眠障害の改善,骨粗鬆症の予防,認知症の予防,大腸がんや乳がんの予防も報告されています.

どれくらい身体を動かせば良いかは,「健康づくりのための身体活動基準2013」や「健康日本21」から下記のようになります.体調が悪い時は無理をせず,継続することが大切です.

□週2日以上の運動習慣, あるいは毎日1万歩以上

□強度は運動習慣の場合は息がはずむ程度

□時間は運動習慣の場合は30分以上


by hrnnobu357 | 2019-09-01 08:38  

疲労をためない睡眠について >>