平成30年度全国労働衛生週間について

10月1日から7日まで平成30年度全国労働衛生週間です.労働衛生週間は,労働者の健康を確保し快適職場づくりに取り組むことを目的とした週間で,今年のスローガンは「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革」で展開されます.

脳・心臓疾患および精神障害の労災認定件数が増加している

・安衛法に基づく健康診断の有所見率は53.8%で増加を続けている

・労働者の高齢化の問題

・仕事や職業生活に関する強い不安,悩み,ストレスを感じる労働者が58.3%

・メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合が56.6%と低調

・過重労働等によって労働者の尊い命や健康が損なわれ深刻な社会問題となっている

・化学物質のラベル表示やSDSの交付を行っている譲渡・提供製造者の割合は,それぞれ60.0%,51.6%にとどまっている

・国内の石綿使用建築物は,耐用年数から推計すると2030年頃に解体棟数がピークとなる

13次労働災害防止計画の目標達成(201841日〜2023331)

これらを背景に下記の6つが重点事項となっています.特に企業における過重労働対策とメンタルヘルス対策の取組の実施を強力に推進する必要があり,また,病気を治療しながら仕事をしている労働者が労働人口の3人に1人なっていることなどから,働き方改革を進めながら健康的な職場環境を形成していく必要があります.


1.過重労働による健康障害防止のための総合対策の推進

2.労働者の心の健康保持のための指針などに基づくメンタルヘルス対策の推進

3.治療と仕事の両立支援対策の推進に関する事項

4.化学物質による健康障害防止対策に関する事項

5.石綿による健康障害防止対策に関する事項

6.その他の重点事項


[PR]

by hrnnobu357 | 2018-10-01 07:00  

<< 冬季の職場における感染症予防対... 睡眠と生活習慣病について >>