職場のパワーハラスメントとその対策について

平成28年の厚労省「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」では,従業員向けの相談窓口で従業員から相談の多いテーマはパワハラが最も多く32.4%,過去3年間に1件以上パワハラに該当する相談を受けたと回答した企業は36.3%,過去3年間にパワハラを受けたことがあると回答した従業員は32.5% (平成24年度実態調査25.3%)でした.
パワーハラスメントとは,法的根拠はありませんが, 同じ職場で働くものに対し, 職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて人格と尊厳を侵害する言動を行い, 精神的・身体的な苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為のことです.パワハラは上司が部下に対する行為と思われがちですが,その逆の部下から上司へ,また,同僚同士のパワハラも存在します.パワハラの存在は,職場の雰囲気を悪くするばかりでなく,労働者の心の健康を害し,生産性が低下や企業イメージの低下にもつながってしまいます.
企業は,企業モラルを含めた人事労務管理,雇用管理の一環としてパワハラ防止対策をしていく必要があります.まずは,経営トップのハラスメント防止に対する決意表明を行い,就業規則に関係規定な度を設けてルールを決める,アンケート調査などで実態を把握し,啓発活動として社内報などによる周知徹底,研修会による教育・研修,就業規則の制定,相談窓口設置,再発防止教育など健全な企業組織風土の構築と一貫した防止体制の構築などを進めていく必要があります.

[PR]

by hrnnobu357 | 2018-03-01 18:00  

<< アンガーマネジメントについて 転倒災害防止について >>