企業で工夫する自主的安全衛生活動

労働災害の防止のためには,安全衛生管理体制を確立し法令に定められた危害防止基準を遵守することはもちろんですが,さらに事業場における安全衛生水準を向上させていくための自主的な安全衛生活動が求められています.厚労省から公表された「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」は事業場が体系的・継続的に実施する自主的安全衛生活動に関する仕組みです.さらに多くの企業では独自に工夫した安全衛生活動を展開しており,労働者をはじめ関係者の安全衛生に対する関心を高め,事業場の安全衛生水準の向上につながっています.

1.ヒヤリハットなどのリスク情報の活用
災害に至らなくとも,ヒヤリとした,あるいはハットした事例についても原因を究明してリスク要因を洗い出すことにより災害を防止する.
2.安全提案制度,安全当番制度
ヒヤリハットなどの経験や職場でのリスクを身近に感じているのは現場の労働者です.労働者から安全に関する提案制度を設けることは労災防止に極めて有効です.提案しやすい職場づくり,提案に対する真摯な対応が大切です.
3.ツールボックス・ミーティング
作業開始前の短時間で,班長を中心にその日の予定,ポイント,分担などを話し合い,危険作業がある場合には,班長がその内容と対応について具体的に指示します.小さな職場単位で行うことで連帯感と安全への心構えが養えます.
4.KYT
危険予知訓練(KYT)は,職場の中に潜む危険要因を発見・把握・解決していく手法の1つです.現場で実際に作業させたり,してみせたりする.またはイラストなどを用いて少人数グループで危険要因を考え、納得することで各人の危険に対する感受性を高めるとともに問題解決能力を高める活動です.
[PR]

by hrnnobu357 | 2010-02-10 21:25  

<< 職場におけるアルコール対策 仙台タウン情報誌に連載されました. >>