健康診断と事後指導

労働者の健康診断は,安衛法および安衛則によって定められています.
健診の目的は,病気の早期発見や予防,健康の維持・増進にあります.しかし,健診は受けたが何も指導されない.いわゆる「受けっぱなし」が問題になっています.健診結果に基づいて行われる事後指導がなければ,健診を受けた意義が半減してしまいます.生活習慣病や各疾患に対する予防や指導,治療の要否など産業医による事後指導が大切です.
[PR]

by hrnnobu357 | 2009-11-10 22:07  

<< 世界糖尿病デー 職場におけるメンタルヘルス対策 >>