冬季の職場における感染症予防対策について

インフルエンザやノロウィルス感染症が流行する季節となってきました.毎年1月から2月初旬にかけピークを迎えますが,11月から3月ぐらいまで流行はつづきます.インフルエンザやノロウィルスは感染力が強く,職場で一人が感染すると周囲の労働者に次々感染が広まっていく傾向があります.そうなれば,非感染者の業務負担の増加や時間外労働発生,事業所の生産性の低下にもつながりかねません.職場の感染症予防対策を徹底することは経営課題の一つでもあり非常に重要となります.

以下に職場で行うべき感染症予防のためのチェック項目をあげてみました.

1. 感染症予防のための環境管理
作業場の温度・湿度管理等を行う.
施設や休憩室の出入口等の動線上に手指消毒ができるアルコール消毒剤を準備する.

2. 労働者への感染症予防行動の周知
職場で流行する感染症(インフルエンザ,ノロウィルス感染症など)について,症状や感染経路,予防法,治療法等につき教育を行う.
インフルエンザに関しては積極的に予防接種を受けるように指導.
労働者が常に正しい感染症予防行動ができるように,咳エチケットや正しい手洗い方法,下痢・嘔吐対策等の感染予防のためのポスター等を掲示して周知する.

3. 日ごろの健康管理
規則正しい生活を心がけるよう指導し,また,過重な疲労がかからぬよう配慮する.
毎日の作業前ミーティング等で労働者の体調を確認する.
発熱や下痢・嘔吐等の症状がある労働者は速やかに上長に報告するよう指導する.

4. 感染症発生時の対応と定期確認
感染症発生時の事業所内での報告方法や対応担当者を決め労働者に周知徹底する.
嘔吐物の処理・清掃のルールを決め必要な薬品や備品を整備する.
定期的に対策の実施状況を確認し定期的に改善を図る.
[PR]

by hrnnobu357 | 2015-11-02 13:00  

<< ストレスチェック制度について 平成27年度全国労働衛生週間について >>