夏場の食中毒について

食中毒は1年を通じて発生する疾患ですが,気温が上昇し湿度も高くなる梅雨から夏にかけて,その原因の一つである細菌の増殖しやすい環境となるため特に注意が必要です.腸炎ビブリオ, 黄色ブドウ球菌, サルモネラが三大食中毒とされていますが,近年ではカンピロバクターや腸管出血性大腸菌などの発生も増加傾向で重症化するケースも多いことから,正しい予防法を身につけ適切な対処を行うことが大切です.食中毒の症状は,潜伏期間をおいて腹痛,下痢,嘔吐などの消化器症状や発熱などが出現します.腸管出血性大腸菌(O-157)では重症化すると全身の出血傾向や腎不全をきたし死に至ることもあります.
食中毒予防の3大原則は,菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」です.
下記の食中毒予防と対処法のポイントを参考にしてください.

食中毒から身を守るためには・・
1. しっかり手を洗う(つけない)
 ➡︎調理の前, 生ものに触った後, 食事の前など, 何をおいてもまず手を洗う.  
  正しい方法で洗う
2. 食物の低温保存(増やさない)
 ➡︎長期保存は避ける
3. 食品を良く洗う, 食肉は十分に加熱する(やっつける)
4. 調理器具を良く洗い乾燥させる(つけない,増やさない)
5. 食品購入店, 飲食店もしっかり選ぶなど

食中毒の症状が出た時は・・
1. 下痢, 嘔吐をしたら十分に水分をとる
  ➡脱水の予防
2. 症状が強い時は病院を受診する
  ➡乳幼児や高齢者は重症化しやすいので注意が必要
3. むやみに下痢止めを使用しない
  ➡原因菌が腸内に停滞してしまう
4. 家族にうつさないようにする
  ➡しっかり手洗いをする, 適切な汚物処理
5. 食べたものなどを記憶しておく
  ➡食中毒の原因検索
[PR]

by hrnnobu357 | 2015-08-01 18:30  

<< 労災認定状況から分かること 熱中症について >>