東日本大震災から4年

震災当日は仙台港近くの多賀城市におり,津波から逃れるために工場へ駆け込むあたりから携帯が繋がらなくなりました.家族は最悪の事態を考えていたようです.工場内で一夜を過ごしましたが何度電話やメールをしても繋がりませんでした.翌日の15時頃に下半身が海水に浸かりながら工場を脱出し,仙台市の自宅まで約15kmを走って帰る途中でようやくメール送信ができるようになりました.震災時の切羽詰まったメールの内容を読み返してみると,今,こうして元気でいられることに心から感謝する次第です.
東日本大震災では,宮城県では八千人以上の方々が亡くなられ,千人以上の方々が未だ行方不明の状況です.あらためてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともにご遺族に心からお悔やみを申し上げます.
[PR]

by hrnnobu357 | 2015-03-11 18:00  

<< メタボリック症候群の予防について ストレス関連疾患について >>