2014世界禁煙デー・禁煙週間について

5月31日は「世界禁煙デー」でした.世界保健機関(WHO)が各国政府自治体・諸機関・個人に対して,喫煙と健康問題,受動喫煙問題についての認識を深め適切な対策の実践を求める日であり,今年のWHOの標語は「Raise taxes on tobacco」(たばこ税の引き上げを)でした.日本では,厚労省が5月31日からの1週間を「禁煙週間」とし禁煙のための普及・啓発を行っています.今年のテーマは「オールジャパンで,たばこの煙のない社会を」です.
たばこによる健康障害は明らかで,全身の癌,脳・心臓疾患,動脈硬化症,慢性閉塞性肺疾患,消化器疾患,婦人科疾患(不妊症を含む),歯周疾患等と深く関連しています.たばこによる死亡者は全世界で毎年600万人,そのうち60万人は「受動喫煙」によるものです.近くに喫煙者がいるおかげで60万人もの命が奪われているのです.たばこによる社会や環境,経済の荒廃を防ぐためにも日本からタバコの煙が消えることを切に願います.

[PR]

by hrnnobu357 | 2014-06-01 20:00  

<< 全国安全週間について 休職者の職場復帰について >>