メンタルヘルスケアのセルフケアについて

メンタルヘルスケアの基本は,セルフケア,ラインケア,スタッフケア,ソーシャルの4つからなっています.セルフケアとは「自らの健康は自らで守る」という考え方で,労働者自らメンタルヘルスの正しい知識を持ち,自らの不調に気づき,様々なストレスへ対応することです.(ストレスケア)
企業は労働者のためのメンタルヘルス教育・情報提供を充実させ,職場環境の把握と改善などを進める必要があります.

ストレスケアのポイントは下記のようになります.

1生活習慣の改善
 規則正しい食生活,十分な睡眠,適度な運動,喫煙者は禁煙
2適切なストレス対処行動
 積極的問題解決,気持ちの整理,発想の転換(プラス思考)
 社会的支援の充実(上司・同僚・家族へ相談,精神的支援,物理的支援)
 リラクゼーション
3仕事や生活への満足感を持つ
 生活の目標,評価・報酬,自分の存在意義
4自己評価を高くすること
 自分の良い点を積極的に評価
[PR]

by hrnnobu357 | 2014-02-01 20:59  

<< 世界腎臓デー 産業医学ジャーナル >>