ラインケアについて

ラインケアとは,監理監督者が部下からの相談を受けたり,心の健康問題を持つ部下への支援を行う職場環境の把握と改善行動の1つです.
日頃から部下一人ひとりの健康状態を見守り,日常の状態との変化に「気づく」ことが重要で,相談のきっかけを作るためにも「声かけ」を行い,相手の悩みをじっくり「聴く」ことが大切です.その上で,職場の人間関係,業務内容,出退勤時間等に問題があるようであれば業務上の配慮を行い,事例性ではなく疾病性がある場合には,産業保健スタッフや産業医に早期に「つなぐ」必要があります.
「気づく」➡「声かけ」➡「聴く」➡「つなぐ」がポイントです.
[PR]

by hrnnobu357 | 2013-08-01 22:09  

<< 酒に「強い」「弱い」について 熱中症について >>