世界禁煙デー・禁煙週間について

昨日,5月31日は「世界禁煙デー」でした.世界保健機関(WHO)が各国政府自治体・諸機関・個人に対して,喫煙と健康問題,受動喫煙問題についての認識を深め適切な対策の実践を求める日であり,さらに,日本では厚労省が5月31日からの1週間を「禁煙週間」とし禁煙のための普及・啓発を行っています.
タバコによる健康障害は言うまでもありません.全身の癌,脳・心臓疾患,動脈硬化症,慢性閉塞性肺疾患,消化器疾患,婦人科疾患(不妊症を含む),歯周疾患等と深く関連しています.タバコによる死亡者は全世界で毎年600万人,そのうち60万人は「受動喫煙」によるものです.近くに喫煙者がいるおかげで60万人もの命が奪われているのです.
世界保健機関タバコ規制枠組み条約(WHO FCTC)では,タバコ宣伝,販売販促活動,スポンサー活動の禁止を実行する義務が課せられていますが,日本ではほとんど行われていないのが現状です.喫煙者は,日本たばこ産業と財務省,メディアに騙されている事実に早く気がつく必要があります.今年の「世界禁煙デー」のテーマは,「タバコ宣伝,販売販促活動,スポンサー活動を禁止しよう」ですが,これは,WHOが我が国「日本」に向けた皮肉に思えて仕方ありません.
[PR]

by hrnnobu357 | 2013-06-01 20:54  

<< 熱中症について いわゆる「新型うつ病」について >>