安衛法違反による罰則について

安衛法で規定されている事項に対し,違反行為を行うと罰せられます.罰則規定の内容は下記のように分類されます.

1) 3年以下の懲役または300万円以下の罰金
2) 1年以下の懲役または100万円以下の罰金
3) 6ヶ月年以下の懲役または50万円以下の罰金
4) 50万円以下の罰金
5)両罰規定

この中で,企業が犯しやすい罰則は,3)の「6ヶ月年以下の懲役または50万円以下の罰金」と4)の「50万円以下の罰金」であり,その主な違反行為は下記のようになります.

<6ヶ月年以下の懲役または50万円以下の罰金>
・ 安全衛生教育を行わなかった場合
・ 特定の病者の就業を禁止しなかった場合
・ 健康診断などに関する秘密漏洩をした場合
<50万円以下の罰金>
・ 安全衛生委員会を設置しなかった場合
・ 安全衛生委員会議事録を3年間保存しなかった場合
・ 安全管理者,衛生管理者,産業医を選任しなかった場合
・ 定期健康診断,特殊健康診断を行わなかった場合
・ 健康診断結果を記録,通知をしなかった場合
・ 雇入時の安全衛生教育を行わなかった場合
・ 労働災害防止措置を行わなかった場合
[PR]

by hrnnobu357 | 2013-04-01 21:12  

<< いわゆる「新型うつ病」について 東日本大震災から2年 >>