平成24年度 年末無災害運動

12月15日から平成25年1月15日まで,厚労省の後援のもと中災防が主唱する運動である「平成24年度年末無災害運動」が実施されます.今年の運動標語は「あせらず 無理せず 油断せず 無事故でつなぐ年末年始」です.年末年始は,寒さに加え,慌ただしい時期でもあり各職場で災害が起きやすい状況にあります.また,我が国の労災発生件数が33年ぶりに平成22年,23年と2年連続で増加しており,今年も増加傾向を認めることから9月28日付けで厚労省労働基準局安全衛生部長より「労働災害減少に向けた緊急要請」が発せられています.
事業場が行うべき事項として,安全衛生管理体制の充実,安全衛生教育の実施,自主的安全衛生活動の実施が挙げられ,冬の労働災害を念頭においた安全パトロールの実施,火気管理の徹底,交通労働災害防止対策の推進,インフルエンザ等感染予防対策の徹底、メンタルヘルス・過重労働対策の推進,生活習慣(飲酒や睡眠)に関する健康指導の実施などを中心に実施する必要があります.
[PR]

by hrnnobu357 | 2012-12-01 20:46  

<< 新年のご挨拶 ワーク・ライフ・バランスについて >>