平成24年度全国労働衛生週間

本日から10月7日まで,平成24年度全国労働衛生週間です.労働衛生週間は,昭和25年に第1回が実施されて以来,今年で63回目を迎え,労働者の健康を確保し快適職場づくりに取り組むことを目的とした週間です.今年のスローガンは,「心とからだの健康チェック みんなで進める健康管理」です.歴代スローガンを見てみますと,昭和60年以降「心とからだ」についてのスローガンが続いています.その背景には,我が国の業務上疾病による被災者が減少傾向にあるにもかかわらず,定期健康診断の有所見者の割合が増加し続け,平成23年度には,52.7%まで上昇してきていること.また,メンタルヘルスに関連した精神障害等による労災申請件数も上昇を続けており,認定数で脳・心臓疾患等による労災認定数を初めて上回ったことなどが挙げられます.こうしたことから,労働者の健康確保のために,職場において健康診断の事後指導の徹底とメンタルヘルス対策の取り組みが重要となっています.そのためには,臨床経験が豊かな産業医による事後指導,メンタル対応の経験が豊富な産業医による指導が大切となります.
[PR]

by hrnnobu357 | 2012-10-01 21:05  

<< ワーク・ライフ・バランスについて 非アルコール性脂肪性肝炎(NA... >>