世界肝炎デー

7月28日は世界肝炎デーでした.世界保健機構(WHO)が2010年にウィルス性肝炎(B型肝炎,C型肝炎)の蔓延防止や差別・偏見解消などを目的に,毎年7月28日を世界肝炎デーと定めました.日本でも,厚労省が今年から同じ日を日本肝炎デーと制定しています.
全世界で約5億人がウィルス性肝炎に罹患しているといわれており,これは世界人口の12人に1人に相当し,全感染症の中でも極めて多いものとなっています.日本でのウィルス性肝炎患者数は300万人超となっています.
肝炎ウィルスの感染が持続すると,慢性肝炎,肝硬変症,肝臓がんに進行する可能性があります.今まで検査を受けたことがない方は,保健所や県が指定した医療機関では無料で検査(採血検査)を受けることができますので,是非,一度は検査を受けるようにしましょう.検査で陽性であった場合は,治療の必要性の有無や治療方法の決定のために肝臓専門医のいる医療機関「肝疾患指定医療機関」の受診が必要となります.また,すでに感染している方も肝臓専門医のいる専門機関での経過観察や治療が必要です.
[PR]

by hrnnobu357 | 2012-08-01 22:32  

<< 非アルコール性脂肪性肝炎(NA... 食中毒予防について >>