食中毒予防について

食中毒は1年を通じて発生する疾患ですが,気温が上昇し湿度も高くなる梅雨から夏にかけて,その原因の一つである細菌の増殖しやすい環境となるため注意が必要となります.腸炎ビブリオ,黄色ブドウ球菌,サルモネラが三大食中毒とされていますが,近年は,カンピロバクターや腸管出血性大腸菌などの発生も増加傾向にあり,重症化するケースも多いことから十分な注意が必要です.
各細菌性食中毒の特徴と予防対策は下記のようになります.

腸炎ビブリオ
 特  徴:真水や酸に弱い,加熱で死滅する
 原因食品:魚介類など
 予防対策:真水でよく洗う,食品の低温保存

黄色ブドウ球菌
 特  徴:加熱でも無毒化しない.手指に膿巣がある人の調理は注意が必要
 原因食品:乳製品,卵製品など
 予防対策:手指の洗浄,調理器具の洗浄・殺菌,食品の低温保存

サルモネラ属菌
 特  徴:特に鶏肉と卵に多い
 原因食品:卵,鶏肉,牛レバーなど
 予防対策:十分な加熱,低温保存

カンピロバクター
 特  徴:加熱で死滅する
 原因食品:食肉,特に鶏肉
 予防対策:加熱

腸管出血性大腸菌O-157
 特  徴:重傷化し死に至ることがある
 原因食品:食肉,井戸水
 予防対策:食肉は中心部まで十分な加熱,低温保存
[PR]

by hrnnobu357 | 2012-07-01 21:59  

<< 世界肝炎デー 熱中症について >>