震災対策について

東日本大震災からもうじき1年が経とうとしています.地震はまた何時襲ってくるかわかりません.
今回は事業場で備えるべきチェックポイントを挙げてみます.

<地震発生時にすること>
1.身を守る
 頭を守る(ヘルメット,カバン,本などを使用)
 出口の確保(出入口もしくは窓を開ける)
2.出火防止と初期消火など
 設備・器具のスイッチを切りコンセントからプラグを抜く(スパークには注意)
 出火発見者は大声で周囲に伝える,火災報知器を鳴らす
 エアゾール式消火具や消火器で消火 
 緊急連絡耐性に基づき連絡をする

<非常用備品として準備すべきもの>
1.非常用物品
 懐中電灯,ろうそく,マッチ,ライター.携帯ラジオ,電池,タオル,
 軍手,ヘルメット,呼び笛など
2.応急手当用物品
 医薬品,救急用品
3.救助作業用物品
 ロープ,はしご,スコップ,ハンマー,毛布,シートなど
4.生活必需品
 食料・飲料水(従業員数×3日分,飲料水1人1日3L)
 簡易トイレ
 カセットボンベなど

<地震に備えるための準備>
 1.転倒防止
  棚類やキャビネットは基礎にボルトで固定するか金具で柱や壁に固定する
  多段重ねにする時は段重ね部を連結する
  ガスボンベ等はチェーンで倒れ止めをする
 2.崩壊防止
  荷物を高く積み上げない
  積荷と同じ高さまでのラック方式とする
 3.落下防止
  荷物は重い物を下に軽い物を上に置く
  棚の手前に副木を付ける 
  天井灯はチェーン等で天井に固定
  窓ガラスの飛散防止に粘着フィルムを貼る,耐震用ガラスにする
 4.転落・墜落防止
  安全帯の着用
  高所には作業床,安全柵を設ける
  はしごを使う時は上部を必ず固定する
 5.危険有害物の漏洩防止
  燃料は,火気設備から離して専用の場所に保管する
  化学薬品は,容器が倒れないように低い場所に置き,容器ごとに区画する
  溶剤は,引火する危険が大きいので保管場所の換気や整理整頓を行う
 6.避難通路の確保と非常照明の準備
  避難通路を表示し,通路には物を置かない
  作業場から屋外への避難経路は2通り以上備え周知する
  作業場の要所要所に懐中電灯を備え周知する
  作業者にペンライトなどを携帯させる

                         2011.3.12.早朝避難場所から
e0196362_2153763.jpg

[PR]

by hrnnobu357 | 2012-03-01 21:57  

<< 安全衛生教育について VDT症候群について >>