熱中症について

熱中症とは,高温多湿な環境下において,体内の水分および電解質のバランスが崩れ,身体の調整機能が破綻することにより発症する病気の総称です.職場で熱中症が原因で死亡する人は,年間で20名前後と報告されていますが,昨年は,猛暑の影響で例年の2倍以上の49名の労働者が死亡しています.今年も,これからますます暑くなることが予想される上に,震災の影響で節電対策を余儀なくされ,エアコンの設定温度を上げる取り組みなどを行う企業が大多数となっており,十分な熱中症対策が必要です.
予防の基本は休息と水分補給です.糖尿病や高血圧症などの基礎疾患の存在や睡眠不足,前日の飲酒なども熱中症の発症に影響を与えるため日頃の健康管理も大切となります.また,労働者や作業管理者に対し熱中症の衛生教育を繰り返し行う事も重要です.
[PR]

by hrnnobu357 | 2011-07-01 21:09  

<< ペットボトル症候群と熱中症予防... 六月病について >>