メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)

メタボリック症候群は,心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険因子となるということで注目されている疾患です.日本でのメタボリック症候群の診断基準は,内臓脂肪の蓄積(腹囲男性85cm以上,女性90cm以上)に加え,高トリグリセライド血症かつ/または低HDLコレステロール血症,高血圧症,空腹時高血糖のうち2項目以上を満たすとういうものです.厚生労働省の調査によると,40〜74歳におけるメタボリック症候群の有病者数は約940万人,予備軍数は約1020万人と推定されています.また,40〜74歳の男性の2人に1人,女性の5人に1人が,メタボリック症候群が強く疑われる者,または予備群と考えられています.
メタボリック症候群を予防・解消するためには,その原因である内臓脂肪を蓄積しないように,また,減少させるように努力をする必要があります.基本は食生活の改善になりますが,内蔵脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼しやすいという特徴もありますので,積極的に運動(特に有酸素運動)を心がけることも大切です.
健康的に働くためには心と身体の健康づくりが必要です.しかし,「健全なる精神は健全なる身体に宿る」とういうように,まずは健康的な身体をつくることが大切です.
[PR]

by hrnnobu357 | 2010-11-08 21:56  

<< 喫煙と健康障害 乳がん撲滅月間 >>